八王子市 接骨院 鍼灸院 肩 首 痛み 花粉症治療 交通事故 ぎっくり腰 骨盤矯正 骨折 脱臼

〒192-0071 東京都八王子市八日町5-13

診療時間
9:00~12:30
15:00~19:00

【休診日】 日曜・祝日・土曜午後

042-623-8266
電話受付時間 8:30~12:30 / 15:30~19:00

fax:042-627-2282

トップページスタッフ紹介当院の案内施術案内交通案内

花粉症

花粉症は治ります!!

平成14年の春に院長自身が花粉症になり、治す方法を研究しはじめ、平成18年に治療方法を確立しました。
その方法は、花粉症専用に開発した特殊な電気(痛み・苦痛はまったくありません)を流すだけです。1回30分×6回=1単位として平均2~3単位治療します。
それにより100%の人が改善しています。
この治療を2年目・3年目と花粉のシーズンに治療を継続することにより、4年目以降の花粉症シーズンには症状が出ることがないこともめずらしくありません。
詳しくは下記の「当院での花粉症治療」にて説明がありますので参考にしてください。

一般的な花粉症治療

花粉症の治療としては、一般的にはおおよそ3つに分けます。

  • アレルギー反応としてとらえ、減感作療法を行う(脱感作)。
  • 各症状に、対症療法的に内服薬で処方する。
  • レーザー治療、鼻の粘膜にレーザーを照射し、焼灼する。

上記1は根治療法、2、3は対症療法として行われています。又予防グッズはみなさんご存知でしょう。

ページトップへ戻る

当院での花粉症治療

副鼻腔

花粉症とはアレルギー反応の1つである!ということは事実ですが、実は副鼻腔炎として治療することにより、目のかゆみ、鼻水、くしゃみ等の症状を100%改善させることが出来ます。
考え方としては、耳鼻科のレーザー治療と同じですが、治療に伴なう痛みや苦痛はまったくありません。また、花粉症治療の通電方法は、O-リングテストによって治療ポイントを決め、1人ひとりにあった方法で通電をおこなうことで、治療効果の再現性を保持しています。

当院での花粉症治療

治療方法は、まずO-リングテストで副鼻腔の炎症の有無を判断した上で治療ポイント決定していきます。図に示した様に、4つの副鼻腔のうち、炎症反応により治療ポイントを決め、そこに電流の種類、波の数、波の長さ等、花粉症用に開発した特殊な電気を30分 or 60分流します。1回30分×6回、または1回60分×3回を1単位とし治療を継続します。また症状の軽減状態を必ず確認し、治療ポイントをその都度決めていくので、その時に一番合った通電を行います。

1単位が終了し、症状・反応(O-リングテストにて確認)がなければ治療は終了です。まだ症状・反応が残っている場合のみ1単位と同様に2単位目の治療を行っていきます。2単位目終了後も同様に症状・反応がある場合のみ3単位目の治療を行います。

1単位目 30分・30分・30分・30分・30分・30分 計6回
60分・60分・60分 計3回
2単位目 30分・30分・30分・30分・30分・30分 計12回
60分・60分・60分 計6回
3単位目 30分・30分・30分・30分・30分・30分 計18回
60分・60分・60分 計9回

単年度・効果実績としては、春の杉・桧花粉の時期は上記の治療を2~3単位、夏~秋のブタ草の時期は1~2単位でその年の症状が改善することがほとんどです。
また、費用対効果としては「1回30分×6回=1単位」の治療を極力間隔を空けないで行っていただけるのがベストです。しかし、仕事や遠方から来院される等の理由で、頻繁な通院が困難な方は「1回60分 or 90分×3 or 2回=1単位」という場合もあります。この治療を2~3単位繰り返すことにより、その年の症状は100%改善していきます。この時点で、副鼻腔の炎症反応は完全消去していれば「治癒」と判断できますが、つらい程の症状でなくなったことから治療に来られなくなる患者さんも多いことは事実で、このことから症状の改善は100%といえます。

実績の積み上げとして、当院での治療後、翌年・翌々年に花粉症が発症しても、その症状は前年度より軽減している場合が多く、それにともない治療回数も少なくて済む患者さんもめずらしくありません。さらに4年目以降は花粉症から開放されることが、多くの患者さんによって実証されています。

初診料 3,000円
1回30分 2,000円
1回60分 4,000円
1回90分 6,000円

※予約制の治療になりますので、初めての方は必ず電話にて予約をお願いします。

ページトップへ戻る

治療体験者の声

1:S19/9月4日生(女)

●症状 鼻水・目のかゆみ

●治療期間 9月26日~10月8日
30分 ×5回 計5回

●症状 なし ●反応 なし

2:T15/1月10日生(女)

●症状 なみだ目(涙腺炎)

●治療期間 10月28日~11月17日
30分×6回(1単位)、30分×2回 計8回

●症状 なし ●反応 あり

3:S14/7月27日生(女)

●症状 くしゃみ・鼻水・鼻づまり(かなり重症)

●治療期間 3月3日~4月18日
60分×3回(1単位)、30×6回(2単位)、
30分×6回(3単位)、30分×1回
計16回(60分が3回)

●症状 なし ●反応 なし(一番手ごわかった!)

4:S23/4月21日生(男)

●症状 目のかゆみ・鼻水・くしゃみ

●治療期間 3月8日~4月2日
60分×3回(1単位)、30分×1回
計4回(60分が3回)

●症状 あり(気にならない程度のところで中止) ●反応 あり

5:S47/7月4日生(男)

●症状 目のかゆみ・鼻水・くしゃみ・小学生の頃から蓄膿症

●治療期間 1月21日~4月22日
30分×6回(1単位)、30分×6回(2単位)
30分×6回(3単位)
計18回

●症状 なし ●反応 なし

6:S43/6月6日生(男)

●症状 目のかゆみ・顔の皮膚の痛み

●治療期間 3月9日~3月26日
30分×6回(1単位)、症状なし 反応あり
3月28日~4月6日
30分×4回(2単位)
計10回

●症状 なし ●反応 なし

7:小6(男)

●症状 慢性副鼻腔炎・鼻づまり・口呼吸

●治療期間 4月23日~5月2日
60分×3回(1単位)、30分×1回
計4回(60分が3回)

●症状 あり(気にならない程度のところで中止) ●反応 あり

8:S29/3月8日生(女)

●症状 くしゃみ・鼻水

●治療期間 4月28日~4月30日
60分×2回(1単位)
計2回

●症状 あり(気にならない程度になったので中止) ●反応 あり

9:S45/6月15日生(女)

●症状 目のかゆみ・のどのかゆみ・鼻水

●治療期間 11月30日~12月10日
30分×6回(1単位)
症状 なし 反応あり
2月25日~4月2日
30分×6回(2単位)
30分×6回(3単位)
計18回

●症状 なし ●反応 あり(ほとんどなしに近い状態)

Q&A

治療だけで薬は必要ないですか?
治療のみでも効果的に作用することがありますが、薬を併用すれば期間も程度も早く改善すると思います。
来年は?
2年または3年、この治療で花粉症を治した場合、4、5年目は花粉症の症状が出ない人がほとんどです。
予防は?
治療とともに一般的な予防(マスク・めがね・花粉をはたく)をしていただければなおいいと思います。また、自宅で副鼻腔の炎症に対する対処方法を指導しますので、それを行う事が予防になります。
ページトップへ戻る